オプティカルクオリティー

光学技術見え方の良し悪しはレンズ構成、等級、製造時の誤差やコーティング技術により左右されます。 世界屈指の光学メーカーとしてATN社は一切の妥協をしません。 レンズは最新のコンピューターにより設計され最高グレードのガラス石より製造されています。 その誤差は僅か0.0001です。 また、独自のコーティング技術により高い透過性を実現しました。

レンズコーティング

マルチコーティングレンズは唯一カスピ海黒海沿岸にしか存在しない極めて純度の高いガラス石から製造しています。 このガラス石言うまでもなく手に入れうる中では最高級品であり、 かの有名なドイツの光学機器製造メーカーにもこれらの原料は供給されています。 クリアーで歪みの少ない視野を確保するために対物レンズ群は最低でも6枚構成になっています。 高い透過性をえるため大口径レンズと自社独自のIRマルチコーティング技術を使っています。 これは最高機密の第4世代 から現在一番人気の第1世代製品まで共通しています。